目指せ認知!AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル

皆さんの感想、握手会レポが運営の励みになります!お気軽にコメント・レポ投稿 して下さい!


 





目指せ認知!AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル先日行われた、AKBの派生ユニットフレンチキスの[最初のメール]発売記念個別握手会に参加してきました!全国握手会には参加したことがあったのですが、個別握手会は初めてだったのでかなり緊張しましたが、無事にゆきりん、もっち~との握手を果たしてきました!

手作り感満載のフレキス握手会ボード

握手会では、素晴らしい出会いがありました・・・


握手会は、握手会でよかったのですが、その日列に並んでいた際に、異様に握手会やら劇場やらAKBに詳しい方がおりました。聞き耳をたてて話を聞いているだけで、メンバーとの接し方、握手会のチケットの活用方法等学ぶことができ、とても参考になりました。握手会後、思い切って、先ほど色々と話されていた人に声をかけてみると快く、オタク用語や握手会の作法を教えてくれましたw

鍵開け

鍵閉め

ヲタ活

干される

100MVP・・・等

う~ん。どんな事にも深く掘っていけば、ディープな世界があるんだなと感心させられました(-□-;)

握手会チケット入手方法等もろもろ教わり、そのまま教えてくれた方々と飲み会へ!

いや~

握手会のチケットを30枚以上毎回入手する人や、総選挙で、推しているメンバーに250票入れた方、地方の握手会まで遠征される方までさまざまな強者がおりました。

そんなトップヲタ(トップアスリートのようなイメージ)の方たちから頂いたアドバイスは、

「いろんなメンバーと話して本当の推しメンを見つける」

ということでした。TVや、メディアを通して見るメンバーだけでなく、実際に握手会で話してみて良かった子、生で見て良いと思った子を推したほうが良いよ。ということでした。

ただ、AKBのメンバーは、一癖も二癖もある猛者揃いだから、せめて彼女らの特徴や接し方を事前に把握しておいたほうが良いよとアドバイスを受け、下記の本をおススメしてもらいました。

【送料無料】AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル
AKB48人の各メンバーが握手会でどういう態度をしてくれるか、ファンの側はどういうふうに話しかけるとよいか、メンバー1人1人について細かく説明されています。

いや~いろいろと細かく載ってますね。
目指せ認知!て書いてありますからねw

今まで握手会に参加したことがない方、これを読んでから握手会に参加すると心強いかもしれません!

また、これを読んでいると握手会に参加したくなるかもしれませんねw

僕は、とりあえず、これ読みながらしばらくは推しメン探しをしてみたいと思います。。。

劇場版の入手方法は、下記の記事を参考にして下さい。
戸賀崎さん(トガちゃん)ブログから情報を入手セヨ!
上からマリコ劇場盤発売記念大握手会


AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル ((COSMIC MOOK))

 

ghana .

この推しメンのレポもチェック!


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月3日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:書籍

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] 幕張メッセでは、AKB48や、ユニットの握手会が多く開催されます。おそらく、ハコの値段がリーズナブルな事から多く選ばれているのでしょう。 注意しなければならないのが、アクセスの困難さです。東京駅から幕張メッセのある海浜幕張まで京葉線で約40分近くかかる事です。そして、会場までも15分ほどかかる事を想定していた方が、良いでしょう。 個別の握手会は部ごとの時間が限られている為、遅刻は厳禁です。あなたの大切な劇場版握手会チケットが紙くずにならないように、時間には余裕をもって行動しましょう。 目指せ認知!AKB48握手会完全攻略ガチマニュアルをご参照ください。 […]

  2. […] KING RECORDSのオフィシャルサイトAKB48のページは、ヲタ活には欠かせない情報ソースです。ここで、劇場版の発売、日程、当日のメンバーのスケジュールが共有されます。つまり、KING RECORDSのオフィシャルサイトAKB48を制するものが、AKB48握手会を制すると言っても過言ではありません。 目指せ認知!AKB48握手会完全攻略ガチマニュアルには、こういった情報ソースに関する話が掲載されており、ヲタ活必須アイテムと言っても過言ではありません。まさに、勇者が持つロトの剣のような存在です。かならず、握手会前のアイテムとして入手しておきましょう。 […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ