AKB48 峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演 シニア限定 レポート(2015.02.23)

皆さんの感想、握手会レポが運営の励みになります!お気軽にコメント・レポ投稿 して下さい!


 





AKB48 峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演 シニア限定 レポート(2015.02.23)いつも握手会レポートを投稿して下さるDF50さんが、シニア限定の峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演のレポを送って下さいました。
シニア限定公演、盛り上がったのでしょうか??

604b2b17

はじめに
この日の公演は、個人的に今まで7,8回観てきた公演の中でも非常によかったです。
レポは、拙文拙稿なりに頑張って書きましたが、この公演をまだ観たことがない方で今後ぜひとも鑑賞したいと思っている方は読まない方がいいと思います。映画も芝居も劇場公演も、予備知識なしで鑑賞した方がずっと楽しいと思うからです。
AKB48 峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演レポート(2015.02.23)

出演メンバー
岩立沙穂大森美優岡田彩花岡田奈々加藤玲奈北澤早紀・小林茉里奈・込山榛香
佐々木優佳里篠崎彩奈土保瑞希西野未姫峯岸みなみ向井地美音村山彩希茂木忍

抽選入場
抽選入場順には恵まれず、立ち見中央付近3列目ぐらいがやっとでした。

約2年前に初めて当選して観た公演が『僕の太陽』研究生公演でした。この日の出演メンバーのうち当時の半数以上が出演していました。彼女たちどれぐらい成長したのかなと思いながら開演を待ちます。

前座
開演を待っていると、バイトAKBのメンバーが1人上手から出てきました。自己紹介したのですが名前がよく聞き取れなかったです。彼女はロマンスかくれんぼを披露。こういう経験も何度かしているのか落ち着いていました。一部のファンが手拍子していましたが、しんみりした曲なので、静かに聴いてほしかったです。
バイトAKBの子がこういう曲を歌うと余計に切なくなる気がしました。認められるレベルの努力をしていて本人が希望するなら、彼女たちにも正規メンバーへの扉を開けてあげてほしいと思いました。野球界でも独立リーグからプロの一軍へ上がった選手がいるのですから。
『時給1000円から選抜へ』などというシンデレラストリーがもし実現すれば、すばらしいことだと思うので。もちろん本人の努力は不可欠で幸運も重ならないと難しいけど、可能性がゼロでない以上チャンスは与えてあげてほしいです。

影アナ
この日の影アナはまりんちゃんでした。その中で『みなさーん、お仕事お疲れ様でした』がウケました。なにせこの日の観客はOVER 50 years old だけですから。

開演
いよいよ開演です。

1.アイドルの夜明け
幕が開くとセンターのバトンを持ったメンの後ろ姿、楽器を持った11人、センターの両脇に何も持たないメンが2人ずつ。楽器の音色が心地よく響く中さっほーたち4人が足ふみでスタート。
センターのバトン担当がれなっちだということに気付いたのは自己紹介の時でした。前髪をアップにしていたので、2週間ほど前に握手に行ったときと印象が違いました。

2. みなさんもご一緒に
間奏のセリフはなぁちゃんが担当

3.春一番が吹く頃
順調にどんどん盛り上がっていきます。中でも、目を細めて笑ったかと思うとくりくりさせてみたり、顔の表情が目まぐるしく変わる未姫ちゃんが見ていてすごく楽しい。ダンスも元気いっぱいで、この後の楽曲も含めてしばしば釘づけになりました。

4.拳の正義
一転この曲では、凛々しさ男らしさを演じます。茂木ちゃんあたりが合ってるかなと思ったけど、意外とさっほーが曲のイメージに合っていました。決してそういうキャラではないのですが。

自己紹介MC
1列目上手のこみはるからスタート。15期生ながら堂々たるものです。この後のメンバーの印象が薄くなるほどしっかりしていました。1列目最後のさっほーだけが柱に遮られて見えなかったです。いつものごとく、観客が『さっほー、さっほー』と先にコール、これに対して、さっほーが『はーやーいー』と返すいつものパターン。もう1人分中央よりだったらさっほーが見えたかもしれなかったです。

5. 残念少女
MC終了早々3人登場、センターのみーおんにはひときわ大きな歓声が飛びます。
OVER 50の『超絶かわいい、みーおん』が甲子園の阪神ファンやさいたまのレッズサポーターにも負けないぐらいに劇場内に響き渡りました。
白主体の衣装がよく似合っています。両サイドの2人も決して悪くないけど、どうしてもみーおんに惹きつけられます。この子はなにか持っているなという感じです。体は小さいけど、存在感は大きいところはたかみな優子と同じですね。

6. 口移しのチョコレート
さっほー・ゆいりー登場、あと1人ゆりあの代役が誰だったか忘れました。すみません。

7. 片思いの対角線
色違いのフリフリの衣装で3人。センターのれなっちが大人びていてセクシーな感じでした。

8. 天国野郎
未姫ちゃん、ゆかるん、みぃちゃん、まりんちゃん(の4人だったはず)がまず登場。後から登場してきた中で、こみはるの水色のメイド服がすごく似合っていました。こんな子がメイド喫茶にいたら思わず入ってしまいそうです。

87594000

9. 愛しきナターシャ
なぁちゃんとあとの2人は忘れました。すみません。

MC
愛しきナターシャを全力で熱唱した直後で、なぁちゃんが息を切らしながら一生懸命スピーチ。さすがに、まじめキャラです。歌もスピーチも全力ですね。

10. 女子高生はやめられない
ここでも、未姫ちゃんの表情が目まぐるしく変わって楽しめました。最後じゃんけんに勝って決めポーズしたのも未姫ちゃんでした。
fc79847b

11. 好きといえばよかった
12. そばかすのキス

MC
まず3人、確か茂木ちゃん・みゆぽんともう1人は彩花ちゃんだったか?
メンバーが観客に2択の質問をして、観客が拍手で回答するというもの。
1問目:ズボンをはいていて座ると裾が持ち上がる。その時、くるぶしまでの靴下で足を見せるか、それとも足首までの靴下で足は見せないか。
2問目:一生夏か冬だとしたら、どちらを選択するか
どちらも回答は半々ぐらいだったような気が。

次いで、交代で次のタンポポの決心のチェックの帽子に同じくチェックのパンツで何人か登場。話の内容は忘れました。

13. タンポポの決心

―閉幕―

アンコール

―再度開幕―

4 Stars
横須賀カーブ
アリガトウ

最後に
希望的リフレイン

以上ですべて終了

帰りにメンバーがステージ見送り(未姫ちゃんは次の仕事かなにかで先に退場)
観客は順番にステージの前を通って退場します(ハイタッチはなし)

当然止まれないので、メンバー全員に声をかけるのは無理で、こみはる・なぁちゃん・みーおんにひと声かけて、そして最後にさっほーに『さっほー』といったら『やっほー』と返してくれました。
こういう形でも見送りが復活したのはうれしかったけど、メンバーの何人かは
肌荒れしていました。握手等であまりメンバーを酷使しないでほしいと願います。

<副管理人ロドリゲスのコメント>
DF50さん、シニア限定公演レポありがとうございます♪♪曲ごとの感想を細かく書いて下さり、まさに「(未見の方は)読んではいけない公演レポ」です。豪華メンバーが揃ったシニア限定公演、本当に羨ましいです!!逆生誕や児童向け公演などは、見てみたいと思えるようなメンバーを揃えて欲しいですよね。
そんな中でもみーおんの人気はスゴかったようですね。OVER50のみーおんコール、熱すぎます!!みーおんは、今年こそブレイクして欲しいですね!!握手券が取れづらいメンバーになりつつありますが、握手に行ってみては如何でしょうか。みーおん、こみはる辺りはオススメですよ!!
チーム4のメンバーは華がありますよね!!私も先日ようやく「アイドルの夜明け」公演に入ったのですが、他のグループやチームと比べて洗練されていると感じました。これは劇場公演の倍率が高いのも仕方ないなぁ・・・って感じです。2年前の「僕の太陽」公演の頃に比べて、メンバー達は大きく成長しましたね♪♪

この推しメンのレポもチェック!


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年3月5日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:劇場公演

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. カンフーキッド より:

    DF50さん、チーム4公演レポ
    楽しく拝見させていただきました。

    チーム4公演は、自分的にはAKBのチーム中1番いいと思っているので….
    (推し補正抜きにしても)

    アイドルの夜明け公演は、前にNMB48のチームMがやっていたのを
    観たことがありますが、本当にいい曲が多いですよね。

    チームMの公演が良すぎて、最後のアリガトウで号泣してしまったのも今ではいい思い出です(笑)

    話は逸れてしまいましたが、
    兎に角いい公演です。

    自分も早く、なぁちゃんを応援しに
    公演を当てなければ….

    レポお疲れ様でした。

    • DF50 より:

      >カンフーキッドさん

      拙いレポですが、最後まで読んでくださったのですね
      ありがとうございます

      なぁちゃん推しですか?

      このチームは、知っての通り12期生以降の若手メンバー中心で、最も多いのが13期生でしょうか。しかしながら、上記のレポにも多く名前が出てきた14期の2人と15期の2人の印象が強かったです。

      13期生は、いい意味でこれに奮起して頑張ってほしいですね。
      なかなか目立たない存在だけど、岡田彩花・北沢早紀・篠崎彩奈といったところは、特にルックスやダンスで見劣りするわけではありません(歌唱力についてはよくわかりません)。現時点で後輩たちの方が目立っていても、投げやりにならずに頑張ってほしいです。

      ほかにも補足したいことがいくつかありましたが、忘れてしまいました。すみません。

      チーム4公演、厳しい倍率かと思いますが、ぜひ当てて観てください。

      >ロドリゲスさん
      この公演を観て、次の『Green Flash』個別ではみーおんに行きたいと思い、再販分申し込んだら運よく当選しました。4月25日横浜分です。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ