DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る

先日、DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見るを見てきました。都内ではあまり上映しているところが無く、私の周りですと新宿のバルト9、渋谷のTOHOシネマズ、・Tジョイ大泉くらいしか上映してなかったのに加え、上映期間も限られていたので、なんとか上映中に見る事が出来て良かったです。当初はDVDでも良いかなと考えておりましたが、実際、見てみると私のようなライトファンでもかなり見ごたえがあり、映画館に足を運んで良かったなと感じました。

ドキュメンタリーオブAKB48

被災地への訪問、西武ドームでの3日間のライブ(AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~!in 西武ドーム)、選抜総選挙、じゃんけん大会、メンバー(大場美奈)の謹慎等を取り上げておりますが、私が特に感動したのは、西武ドームでのあっちゃんこと、前田敦子のプロ根性です。フライングゲットの曲が始まるまで・・・あんなんだったのに・・・いや~ホントに凄い。これ以上は、ネタバレになってしまうのであまり言えませんが、僕はこの映画を見て改めて西武ドームのライブの初日と二日目・三日目を見比べたくなりました。もうすぐ(2012年3月24・25日)、埼玉スーパーアリーナのライブも始まるので、そちらも要チェックですね。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:映画・DVD

二本柱の会

二本柱の会(旧柱の会)は、AKB48オフィシャルファンクラブの名称です。
1.AKB48劇場予約枠
2.選抜総選挙やリクエストヒットアワード時の投票権
3.全国ツアー、ライブ(西武ドーム・埼玉スーパーアリーナ)やイベント等の予約枠
4.オリジナルコンテンツの配信等の特典が手に入ります。(実はこれがおススメ!)
以前の柱の会では、入会金4000円、年会費1000円と若干高めでしたが、二本柱の会では、入会金1000円、年会費480円ととてもリーズナブルです。
これから、夏にかけてライブや、AKB選抜総選挙等、イベント盛りだくさんの為、優先枠を確保しておいた方が、ヲタ活動もはかどります!
是非、登録してみてください!

二本柱の会は、こちらから↓

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月13日 | コメント/トラックバック(9) |

カテゴリー:情報ソース

干されとは

【握手会】【劇場】で使用される言葉です。
干されとは、握手会時にメンバーに塩対応される、または認知されているにも関わらず邪見に扱われる事を意味します。メンバーとファンの間に信頼関係が出来上がっており、お互いのキャラをわかった状態で干すという高等テクニックもあったりするため、後者の場合の干されるというのは悪い意味だけではないようです。干されキャラのヲタを干されヲタ、逆に毎回、歓迎を受ける推されているヲタを推されヲタと言うようです。いや~推されたいっすね~

また、劇場やコンサートチケットの抽選に漏れることも干されると言います。

下の画像と記事との関係性は特にありませんw

干されアイドル指原さんとこの言葉の説明は特に関係ありません。

スポンサードリンク

タグ

ピンチケとは

ピンチケとはAKB48ヲタ内で作られた用語です。AKB48劇場で販売される中高生向けのピンクのチケットである事から作られた言葉です。学生証を見せる事で通常、3000円の劇場入場料を2000円で購入する事が出来、彼らが購入するチケット識別できるようピンク色の為そう呼ばれるようになりました。当初は、中高生等の若者を事を指す意味でしたが、徐々に劇場に通うマナーの悪いファン、常識知らずな中高生を揶揄するネガティブな表現として使われるようになりました。今では、AKB48だけでなく、アイドルヲタ全体で、マナーの悪いファンを【ピンチケ】と呼ぶようになってきています。ちなみに大人のチケットは青色です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:語録/用語

キャラアニチャンス!で劇場版CD・イベント参加権を購入する

AKB48の劇場版のCDを購入するには、抽選申し込みサイトキャラアニチャンスで抽選をする必要があります。キャラアニチャンスとGoogleで検索すれば表示されますが、2種類あるので気を付ける必要があります。抽選申し込みサイトキャラアニチャンスは2種類あり、1つは(http://ch.chara-ani.com/)です。(下記の図)

キャラアニチャンスは、2種類あるので気を付けましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:個別握手会

このページの先頭へ